大阪府内初 スターハウスの外断熱鉄筋コンクリート住宅
by yield-sumiyoshi


<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1階外断熱建込み

外断熱型枠の建込みです。
e0255842_103285.jpg

e0255842_10632100.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-31 10:01 | 1階躯体工事

外断熱型枠搬入

外部の断熱型枠材が搬入されました。
e0255842_23102933.jpg


断熱材にセパの穴を空けていきます。
寸法は、工場で加工されてきていますので、カットしてゴミが発生するようなことはありませんが、
セパの穴を空けるときに飛んで行って近隣さんのご迷惑や躯体になる部分にゴミが飛ばないように
集塵機を使って飛散を防止します。
e0255842_23124835.jpg


外部を建て込むときも、壁内部にゴミが落ちていないことを確認し建て込んでいきます。
壁筋が台直しせずにかぶりが確保されています。
e0255842_23184233.jpg
e0255842_23193251.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-28 23:09 | 1階躯体工事

一階内部の型枠が固まってきました

内部の型枠も建込みがセパがきれいに並んでいます。鉄筋のかぶりもばっちりです。
やはり外部は狭いです。
e0255842_2335315.jpg


新品のベニアが積まれています。
e0255842_2365578.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-26 23:02 | 1階躯体工事

1階壁型枠

1階壁型枠の建込みです。
今回は、内部が打ち放し仕上げとなるためべニア板をすべて新品のもので施工いたします。
e0255842_22583350.jpg


e0255842_2313511.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-23 22:57 | 1階躯体工事

1階壁配筋

埋設配管と、埋戻しが完了し1階の壁配筋です。
本来ならば、外部足場を先行して組み立て、外部の型枠を建て込んでから、壁筋を施工すればどの業者も楽に施工できるのですが、今回は、内部がコンクリートの打ち放し仕上げだということと、敷地が狭いので、外部足場を組み立ててしまうと外部の型枠の建込みができなくなってしまうのでまったく通常とは逆の工程を組むようになりました。
打ち放し仕上げをきれいに見せるためにセパの割り付けを内部から建て込むようにします。
型枠大工さんは、自分が仕事がやりにくくなるにも関わらず今回の段取りを選択してくれました。
本当に、感謝です。
e0255842_22551497.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-14 22:34 | 1階躯体工事

基礎コンクリート打設

いよいよ基礎のコンクリート打設です。
この日のために、鉄筋屋さん型枠大工さんがんばってくれました。
e0255842_22142011.jpg


現場の前が狭いので、ポンプ車を敷地内に設置するのが精いっぱいです。
一番最初に、現場を見に来た時から不安だった工事です。
道路使用許可を警察で申請し、ガードマンを2名配置する必要はありましたが、生コン車を道路へ配置しても、乗用車が通行することは、可能な状況で設置できたので一安心です。

e0255842_22175628.jpg


ポンプ屋さんと土工さんがコンクリートを打設していきます。
e0255842_22223526.jpg


打設が無事完了しました。
e0255842_22254951.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-14 22:11 | 基礎工事

鉄筋工事 3日目

地中梁の鉄筋が、完了しスラブの配筋です。
鉄筋量が、通常より多いので職人さんも多く来ています。
e0255842_2234763.jpg


外周には、断熱材の型枠を行います。
鉄筋が正しく、配筋されているか確認し、写真を撮っていきます。
e0255842_2275939.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-12 21:59 | 基礎工事

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

お正月の間に、断熱材が飛んで行ったら大変なので、断熱材は、年明けの工事としてました。
e0255842_21315899.jpg


本日より、鉄筋工事に着手します。
e0255842_21335619.jpg


搬入する、道路が狭いので、鉄筋の長物は搬入できません。太くない鉄筋の場合は、重ねて継手という工法を使うのですが、今回は、鉄筋が太いので圧接という工法を使って、鉄筋と鉄筋をくっつける作業を行います。

e0255842_21562350.jpg


圧接した箇所に不具合がないか、超音波で確認を行います。
e0255842_21574743.jpg

[PR]
by yield-sumiyoshi | 2012-01-10 21:21 | 基礎工事